読谷の奥座敷。ほっこり沖縄野菜料理

沖縄の元気な島野菜を家庭料理の技法で優しく仕上げる。身体に染みわたり、心までもが癒される料理には「てぃーあんだ」の想いが込められている。 てぃーあんだとは直訳すれば手の脂。手間ひまをかけると言う意味の沖縄の方言。新鮮な魚が揚がる読谷の都屋漁港のすぐそばに店を構え、日々その日の新鮮な素材で数種類の料理が作られる。 メインの定食は3種類。県産豚の三枚肉を煮込んだラフテーが中心の「くぇーぶー(食べ物運が良い)定食」、都屋漁港で揚がる新鮮な魚を使った「いまいゆ(鮮魚)定食」、そして野菜やキノコの天ぷらを中心にした「あかばな(ハイビスカス)定食」。 いずれも箱膳に並べられ、野菜の小鉢3種と玄米ご飯、もずく酢、香の物それとデザートにあまがし(ぜんざい)がセットになっている。子供用の定食も用意され、最近では店内のテーブル席も増やされて過ごしやすい。天気の良い日は外の縁側席が特等席。
  • 住所
    沖縄県 中頭郡読谷村 都屋 448-1
  • ジャンル
    沖縄料理
  • 営業時間
    [昼食] 金曜~水曜 11:00~16:00 (L.O15:00) ランチタイム予約不可 [夕食] 金曜~日曜(週末のみ) 18:00~21:00 (L.O20:00) 前日までに座席、料理を予約 ランチ営業、日曜営業
  • 定休日
    木曜日(臨時休業有)

一人あたり

平均 1350円

鉄板料理

  • kule-bu-
    くぇーぶー定食
    1350円
  • 膳の中心に置かれたラフテー(豚の角煮)は見た目は濃い醤油色だが、決して塩辛くなく、黒糖の甘みが効いて意外とあっさりしている。ご飯に抜群に合う。
  • imaiyu
    いまいゆ定食
    1350円
  • その日に揚がる魚を使い、煮たり焼いたり、刺身だったりと魚によって色々な料理に調理 れ、新鮮な沖縄の魚を味わえる。
  • akabana
    あかばな定食
    1350円
  • あかばな定食の主役は旬野菜の天ぷら。旬の沖縄野菜やきのこをカリッと揚げられた独特 の天ぷらはここでしか食べられない。
足を運ぶ価値あり!

詳細情報

  • 禁煙・喫煙
    分煙
  • 駐車場
  • 携帯電話
    docomo、au、SoftBank