沖縄の母と南国おでんが人気の秘密

「沖縄のお母さん」として慕われるママが一人で切り盛りする悦ちゃん。昭和の雰囲気が色濃く漂う桜坂社交街で、ひときわ際立つユニークな有名店だ。泥酔客がお店に入ってこないように入り口のドアにはいつも鍵がかかっているし、食事メニューは自慢のおでんだけ。予約の電話も1週間前が原則だという商売っ気のなさ。おでんのつゆも継ぎ足し継ぎ足しの繰り返しで、守り続ける変わらぬ味。個性的なママとシンプルなメニューにもかかわらず、「沖縄でおでんといえば、まずはここ」という評判を守り続けているのは、温い人柄によるところが大きい。実際、友達や親にはしづらい相談をしに、わざわざ県外からやってくる若い女性客も少なくないようだ。カウンター席8席ほどと、8人くらいが座れる奥の座敷。ひとりで来ても、隣合わせたお客さんとすぐに打ち解けられるのも人気の理由だそう。イチャリバチョーデーなほっこりした夜を楽しみたいならぜひとも訪ねてみたい場所だ。
  • 住所
    沖縄県 那覇市 牧志 3-8-1
  • ジャンル
    おでん
  • 営業時間
    [月~土] 19:00~翌2:00頃 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
  • 定休日
    日曜日

一人あたり

平均 2500円

鉄板料理

  • おでん盛り合わせ
    1000円
  • 内地のおでんとはまったく別物の沖縄おでん。トロトロになるまでじっくり煮込まれたテビチ(豚足)。味がしみた柔らかな大根。多めに盛られたシャキシャキの青菜。組み合わせが意外なほどナイス!単品での注文もOK!
足を運ぶ価値あり!

詳細情報

  • 交通手段
    牧志駅から305m
  • 禁煙・喫煙
    全面喫煙可
  • 駐車場
  • 空間・設備
    落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり