[隣の楽園!]空港から一番近い島

那覇空港から車で約10分、国際通り近辺から車で約25分の距離にある瀬長島は、那覇の市街地から最も近い「島」。と言っても海中道路でつながっているので、簡単に行き来することができます。島の周囲は約1.8キロ。海上道路からはちょうど海を隔てて、那覇空港の滑走路が目の前に。島に続く道路のちょうど真ん中あたりが滑走路の延長線上と重なっているので、真上を飛行機が飛ぶ様子は圧巻。この風景に集まる航空ファンや写真ファンは後を絶ちません。また、瀬長島は夕日がきれいなポイントとして地元で有名です。西側に面した自然海岸は、空港のすぐ近くとは思えないほどきれいな海が広がっていて、遊泳区域はありませんが、磯遊びやマリンスポーツも楽しめます。そして、2013年のオープン以来、瀬長島で人気なのが琉球温泉瀬長島ホテル。ホテルは温浴施設だけの利用もOKで、広々と海と空が見渡せる絶景の温泉は、他の場所にはない解放感とリラックスを味わうことができます。

スマートな楽しみ方

料金

  • ふつうに楽しむ

    平均 2000円
  • スマートに楽しむ!

    平均 230円
那覇から一番近い、と言っても市街地からは7~8キロほど離れているので、歩いていくにはかなり遠い瀬長島。レンタカー利用なら島内に駐車場も何ヵ所か整備されているので楽ですが、タクシー利用の場合は国際通り県庁前付近からだと料金は片道約2000円かかります。そこで、おすすめなのがバス利用。那覇バスの9番線、11番線、17番線などを利用して終点の「具志営業所」で降りると海中道路入り口の瀬長交差点の近くに着きます。片道230円、県庁前あたりからの所要時間は路線や道路状況にもよりますが40~50分程度です。

コース

  • ふつうに楽しむ

    平均 1 時間 30
  • スマートに楽しむ!

    平均 40
周囲約1.8キロの島は歩いて1周するだけで約30分。自然海岸や島の歴史を感じさせる石碑などもあるので、ゆっくり1時間ぐらい海風を楽しみながらお散歩するのもおすすめ。でも、瀬長島に来たならとにかく温泉、という場合は、坂路を上った場所にある琉球温泉瀬長島ホテルに直行するととっても楽です。ホテル前には広い駐車場もあり、タクシーも随時待機しています。島では温泉だけゆったり40分ほどで満喫して、湯上りそのまま那覇の街や空港へ、なんていうのも旅の達人の楽しみ方かも。

よりスマートに楽しむ

  • 龍神の湯をとことん楽しむ

    琉球温泉瀬長島ホテル「龍神の湯」は入館料大人(中学生以上)平日1330円、土日祝日1540円。平日利用がお得です。体をしっかり温めてくれるお湯は瀬長島の地下1000メートルから湧き出る天然温泉。館内は「金龍の湯」と「銀龍の湯」に分かれていて、毎日日替わりで男湯・女湯になっています。もちろん、どちらの露店風呂からも雄大な海と空の風景を楽しめる造りなので、2日続けて訪れる機会があれば違いを楽しんでみて。特に、沖縄の海の風景を心ゆくまで堪能できるのが、120cmほどの深さの「立湯露天風呂」。立ったまま、海に面したお風呂の縁に肘をついて寄りかかれば、温泉につかりながら海と空と一体になれます。「塩サウナ」や「アロマサウナ」など、美容効果のあるサウナがあるのも女性にはうれしいところ。

    自然海岸・子宝岩

    実は瀬長島はもともと、地元の人たちにとって信仰の対象でもあった神聖な場所でした。しかし、戦後の一時期、この島は米軍の武器庫として使用されたため、人々はこの島に近寄ることができず、返還されたのちも島にあった拝所や自然の岩などが破壊されていて、戦前の面影は残っていませんでした。現在、新たに瀬長島の整備・開発が進められている中で、歴史を改めて見直す碑や社が建立されています。ユネスコ無形文化遺産に認定された組踊「手水の縁」の歌碑や、昔の岩の形を調べて瀬長島の自然の岩で復元した「子宝岩」などです。普通に通り過ぎると見逃してしまいそうですが、こうした社や碑に書かれた説明文をしっかり読んで島の歴史を感じると、パワースポットでもある瀬長島の魅力をさらに体感できそう。

    リゾート気分でランチやディナー

    瀬長島には2014年に、POSILLIPO-cucuina meridionale-(ポジリポ-クッチーナメリディオナーレ)という、南イタリア料理のレストランがオープン。オーシャンビューのダイニングやテラス席はリゾート気分がもりあがるハイセンスな雰囲気で、生パスタやナポリピッツァなどシンプルで素材感のある料理が楽しめます。他に、島内には瀬長島ホテルのレストラン「風庭(かじなぁ)」、海上道路側に近いビーチの近くのカフェ「あんじなー」などが。夏場のビーチパーティシーズンには売店もオープンしていますが、島内にコンビニなどはないので、島のビーチでのんびりするなら飲み物やお弁当を用意していくとリーズナブル。また、現在、瀬長島ホテルの近くには「ウミカジテラス」という名前の飲食店や雑貨店などが集まるテラスが建設中で、2015年夏ごろにオープンする予定だとか。

人気の高さ

  • ランキング

  • 満足度

    TripAdvisor
    4 /5
    4Travel
    4.3 /5
  • 平均 4.2
いかなきゃもったいない!
満足度平均
4.2

口コミ情報